包丁

出刃包丁をお薦めできる理由として

包丁の種類も数多くありますが、出刃包丁は魚をさばいたり骨ごとをぶつ切りとする時等に良い包丁です。出刃包丁の種類には、刃渡り15センチ以上の出刃を、本出刃と呼ばれています。ご家庭用に使い勝手のよい、刃渡り9センチ位の小出刃と言われる物もあります。小出刃包丁とは、本出刃包丁をそのまま小さくした包丁となります。しかし同じ包丁の長さと比べますと、小出刃包丁は見た目も頑丈となり、重みもあります。
本出刃より少し小さめのものには、相出刃や身卸出刃や舟行包丁と言われるものまであります。出刃包丁の刃渡りの長いものですと重く感じる500グラムのものがあり、日常生活では刃渡りが15センチのもの位をお薦めします。相出刃包丁や身卸包丁や舟行包丁は、本出刃と刃渡りはたいして変わらないものです。違いは本出刃よりも刃の幅が狭めで、スマートな感じの包丁です。
薄さも本出刃よりも、薄くなります。出刃包丁の目的としましては、魚をさばく事を重んじられるものです。魚屋さんとの使い方の違いは、家庭用は本出刃よりも薄めの出刃包丁をお薦めします。出刃包丁の材質には、ステンレスと鋼のものがあります。魚をさばけばステンレスでも鋼の材質でも、切れ味は悪くなるものです。ステンレスのほうが錆びないですし、鋼よりも見た目はきれいです。しかし出刃包丁の鋼の質をお薦めできるには、刃先と根元で切れ味を変えたりと、研ぐ事でお使い勝手に繋がるのです。

出刃包丁ってどんな包丁でしょう?

100種類以上あると言われている和包丁の中でも抜群の知名度を誇る出刃包丁ですが、どういった特徴があるのでしょうか。まず、出刃包丁ですが本来は魚をさばくための包丁とされていましたが、頑丈さと抜群の切れ味を兼ね備えていることもあり、肉を切る目的でも利用されているようです。そして、何と言っても出刃包丁は種類が豊富で用途に合わせた種類の出刃包丁があるようです。
大きく4つに分けられます。基本的な出刃包丁と呼ばれる、分厚くて重く魚の頭などを叩き落とすことから骨ごと叩き切る包丁と呼ばれている「本出刃包丁」。軽く取り回しがしやすいことから刺身や魚以外の料理に利用されることが多い「中出刃包丁」。魚を下ろすことに特化している漁師が船上で調理する際に開発されたとされる野菜の調理にも対応可能な薄手の「身卸包丁」。身の薄い魚に対応可能な刃渡り10センチ程度の短刀「小出刃包丁」に分けられます。
出刃包丁は知られてはいるものの、実際に持っていないという人が多い包丁でもあります。そこで余談として出刃包丁の語源を一つ。出刃包丁とは元禄時代に作られた包丁と言われていて、包丁を開発した鍛治職人が出っ歯であったことから出刃包丁という名前になったと言われています。(諸説)出歯ではなく出刃なのは、当初は出歯包丁と呼ばれていたものを刃物であるから刃を当て字にし、出刃包丁となったと言われています。

包丁と何が違う?出刃包丁とは

料理をしたことがある人なら1度は聞いたこと、使ったことがあると思います。出刃包丁。これって普通の包丁と何が違うのでしょうか。また、どのような使い方をするものなのでしょうか。知ってるようで知らない出刃包丁について調べてみました!まず、出刃包丁とは、魚を料理する際に使われる、刃が厚く、幅の広い、先の尖った包丁のことを指します。出刃包丁の種類についてですが一口に出刃包丁と言っても、出刃包丁にはたくさんの種類があります。
【本出刃包丁】出刃包丁といったらこれです!とにかく重くて頑丈で、大きな魚をさばく時などに使います。
【小出刃包丁】小出刃包丁は、出刃包丁をそのまま小さくしたような包丁を指します。小さいですが、同じ大きさのほかの包丁に比べれば遥かに頑丈で、重いです。他にも相出刃包丁など、たくさんの種類の出刃包丁があります。和包丁は奥が深いですね!
最後に、出刃包丁の選び方をお教えしたいと思います!まず、包丁を選ぶ際に大切なのは、刃の材質です!刃は、大きくわけて錆びにくいステンレスで出来ているもの、研ぎやすい鋼で出来ているものの二つに分かれます。自分の使い方にあったものを選びましょう。また、家庭で使う場合には、出刃包丁のサイズも大切です!せっかく買ったいい包丁が、大きすぎて使いずらい、といったことにならないよう、最初は小出刃包丁を選ぶのがオススメです!


鍛冶工房いわいの出刃包丁は高品質のものを提供しています!お得な出刃包丁は伝統工芸士が作りあげるものばかりで、耐久性にも優れており、プレゼントにもご利用可能です!魚用の高級包丁はセットでお安くお買い求めいただけます!

複数の包丁

出刃包丁が欲しい

出刃包丁とは、和包丁の中でも代表的な包丁です。出刃包丁がある家も多いと思います。私の生まれ育った場所は海が近く、魚を食べることが多かったです。もちろん、どの家にも出刃包丁はありました。出刃包丁は、片刃で主に魚をおろすときに使う包丁です。大きい鯛の骨も切ることができます。私は、調理専門学校を卒業しました。出刃包丁を入学の時にもったことを今でも覚えています。重さは他の包丁より重く、刃先も鋭くとがっています。日本料理の先生に初めに教えていただいたことは、「しっかり握ること」「指を切らないように気を付けること」。それは、ほかの包丁でも同じだとは思うのですが、やはり大きい魚の骨を切るとき力が要ります。そしてただでさえ他の包丁より重い出刃包丁。わかりますよね?怪我をするとなると大怪我にもつ…

出刃包丁の種類はたくさんあります

出刃包丁は刃の幅が広くて、峰に厚みがあり、先の尖った包丁のことです。これは主に魚をおろしたり、骨を切ったりする時に用います。この出刃包丁にはいくつかの種類があります。今回紹介するのは本出刃包丁、中出刃包丁、小出刃包丁の3種類です。まずは本出刃包丁についてです。これは出刃包丁でも最も一般的なものであり、刃の幅が広く、丈夫で重みがあるものです。主に用途としては骨などのかたいものや魚の頭を切り落とすのに用いられます。欠点としては刃が分厚いため重みがあります。そのため、日常で用いられることは少ないです。次は中出刃包丁についてです。これは他にも呼び方があり、相出刃包丁、身卸包丁、舟行包丁などと呼ばれたりします。刃渡りに関しては本出刃包丁とほとんど同じですが、厚みは本出刃包丁よりも薄いのが…