包丁

出刃包丁とはどんな包丁?

出刃包丁は、主に魚をさばくために作られた包丁です。出刃包丁の印象は、他の包丁と比較しても無骨で分厚くて頑丈なイメージがあり、手に持ったときも重くて存在感がありますね。何で出刃(でば)と呼ぶのでしょう?その昔、この包丁は堺の名品として作られていましたが包丁を作っていた鍛冶屋の職人が「出っ歯」であり「出歯包丁」と伝わり、更に時間の経過とともに歯が刃に変わっていったものと考えられます。
出刃包丁の切っ先が尖っているのは魚の身に切り込みやすく、反りのついた刃先は身を切り離す時、体重と力をいれて押し切るのにも向いている造りです。また、出刃包丁は片刃ですが魚をさばくという手荒な作業では、刃の厚みを保つことができる片刃の方が適しているのです。出刃包丁にも種類があり、テレビのマグロ解体ショーなどでみられる刃渡り15センチ以上の出刃を、本出刃と呼びます。
この他にもカニをさばく為の出刃や、鮭やマスを切る為の出刃など色々な種類の出刃包丁があります。出刃包丁は頑丈で雑に扱っても良いと考えがちですが、乱暴に扱うと刃こぼれし切れ味が鈍ります。どんなに良い包丁を持っていても、使う人の扱い方次第で切れ味は変わるので「刃」は大切に扱いましょう!

出刃包丁が欲しい

出刃包丁とは、和包丁の中でも代表的な包丁です。出刃包丁がある家も多いと思います。私の生まれ育った場所は海が近く、魚を食べることが多かったです。もちろん、どの家にも出刃包丁はありました。出刃包丁は、片刃で主に魚をおろすときに使う包丁です。大きい鯛の骨も切ることができます。私は、調理専門学校を卒業しました。出刃包丁を入学の時にもったことを今でも覚えています。重さは他の包丁より重く、刃先も鋭くとがっています。日本料理の先生に初めに教えていただいたことは、「しっかり握ること」「指を切らないように気を付けること」。それは、ほかの包丁でも同じだとは思うのですが、やはり大きい魚の骨を切るとき力が要ります。そしてただでさえ他の包丁より重い出刃包丁。わかりますよね?怪我をするとなると大怪我にもつ…

出刃包丁の種類はたくさんあります

出刃包丁は刃の幅が広くて、峰に厚みがあり、先の尖った包丁のことです。これは主に魚をおろしたり、骨を切ったりする時に用います。この出刃包丁にはいくつかの種類があります。今回紹介するのは本出刃包丁、中出刃包丁、小出刃包丁の3種類です。まずは本出刃包丁についてです。これは出刃包丁でも最も一般的なものであり、刃の幅が広く、丈夫で重みがあるものです。主に用途としては骨などのかたいものや魚の頭を切り落とすのに用いられます。欠点としては刃が分厚いため重みがあります。そのため、日常で用いられることは少ないです。次は中出刃包丁についてです。これは他にも呼び方があり、相出刃包丁、身卸包丁、舟行包丁などと呼ばれたりします。刃渡りに関しては本出刃包丁とほとんど同じですが、厚みは本出刃包丁よりも薄いのが…