包丁

一本あると便利な出刃包丁

出刃包丁には、たくさんの種類がありますが、主に魚を捌くために使用される包丁です。普通の包丁と比べてみると、包丁自体に厚みがあり、見た目からしてもドシッとしていて頑丈そうな包丁になっています。実際に持ってみても重みがあり、とてもしっかりしている包丁です。魚を捌くときに使用されることが多い包丁ですが、魚の頭からザクッと切ることができたり、硬い骨を切り落とすことができる、とても良く切れる包丁です。
切り方にも違いがあり、普通の包丁は刃を引くように切りますが、出刃包丁は引いて切るのではなく、食材を押さえつけるようにして勢い良く切るのが特徴です。骨ごと切れてしまうほど、とても良く切れる包丁のため、使用、収納する際には十分に注意が必要な包丁です。基本ですが、魚の骨と一緒に自分の指を切ってしまわないように切るときには気を付けることはもちろんですが、普通の包丁と比べて重みがあるので、片付ける際に落としたり、刃が手などに触れないようなところに収納することが必要です。
使用には十分注意が必要な包丁ですが、とても良く切れる包丁なので料理をする際にはとても重宝する包丁の一つだと思います。なかなか一家に一本ある家庭は少ないかもしれませんが、あると便利な包丁です。

出刃包丁が欲しい

出刃包丁とは、和包丁の中でも代表的な包丁です。出刃包丁がある家も多いと思います。私の生まれ育った場所は海が近く、魚を食べることが多かったです。もちろん、どの家にも出刃包丁はありました。出刃包丁は、片刃で主に魚をおろすときに使う包丁です。大きい鯛の骨も切ることができます。私は、調理専門学校を卒業しました。出刃包丁を入学の時にもったことを今でも覚えています。重さは他の包丁より重く、刃先も鋭くとがっています。日本料理の先生に初めに教えていただいたことは、「しっかり握ること」「指を切らないように気を付けること」。それは、ほかの包丁でも同じだとは思うのですが、やはり大きい魚の骨を切るとき力が要ります。そしてただでさえ他の包丁より重い出刃包丁。わかりますよね?怪我をするとなると大怪我にもつ…

出刃包丁の種類はたくさんあります

出刃包丁は刃の幅が広くて、峰に厚みがあり、先の尖った包丁のことです。これは主に魚をおろしたり、骨を切ったりする時に用います。この出刃包丁にはいくつかの種類があります。今回紹介するのは本出刃包丁、中出刃包丁、小出刃包丁の3種類です。まずは本出刃包丁についてです。これは出刃包丁でも最も一般的なものであり、刃の幅が広く、丈夫で重みがあるものです。主に用途としては骨などのかたいものや魚の頭を切り落とすのに用いられます。欠点としては刃が分厚いため重みがあります。そのため、日常で用いられることは少ないです。次は中出刃包丁についてです。これは他にも呼び方があり、相出刃包丁、身卸包丁、舟行包丁などと呼ばれたりします。刃渡りに関しては本出刃包丁とほとんど同じですが、厚みは本出刃包丁よりも薄いのが…